コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県北秋田市 きたあきた〈し〉

1件 の用語解説(秋田県北秋田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕北秋田〈市〉(きたあきた〈し〉)


秋田県中北部にある市。
市の北部を米代川が流れ、その周辺に鷹巣盆地が広がる。2005年(平成17)3月、北秋田郡の鷹巣町、森吉町、阿仁町、合川町が合併して成立。JR奥羽本線秋田内陸縦貫鉄道が通じ、1998年開港の大館能代空港がある。稲作と酪農・畜産が盛ん。秋田杉の林業と製材・木工業も行われる。阿仁地区は江戸時代に藩直営銅山となった阿仁鉱山の鉱山町として繁栄したが、1970年には閉山。マタギの狩猟習俗で知られ、打当(うっとう)地区には熊牧場やマタギ資料館のあるマタギの里がある。市南部の森吉山周辺には森吉ダム(太平湖)や小又峡などの景勝地がある。湯ノ岱(ゆのたい)温泉・打当温泉が湧く。伊勢堂岱(いせどうたい)遺跡(縄文時代)は国の史跡に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県北秋田市の関連情報