秋田県南秋田郡大潟村(読み)おおがた〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕大潟〈村〉(おおがた〈むら〉)


秋田県北西部、八郎潟(はちろうがた)の中央干拓地を占める村。南秋田郡
1964年(昭和39)干拓地完成とともに特例村として発足。開村当初は大規模経営・機械化による水稲単作農業をめざしたが、減反・畑作強制や食管法違反事件などの問題が発生。現在は稲作のほか畜産やダイズ・メロン栽培も行われる。秋田県立大学大潟キャンパス、菜の花ロード、1995年(平成7)に竣工した標高0メートルの人工山・大潟富士がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android