コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県大仙市 だいせん〈し〉

1件 の用語解説(秋田県大仙市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕大仙〈市〉(だいせん〈し〉)


秋田県中部、横手盆地北部にある市。
東部で岩手県と接する。2005年(平成17)3月、大曲市と仙北(せんぼく)郡の神岡町、西仙北町、中仙町、協和町、南外村、仙北町、太田町が合併して成立。東に奥羽山脈の真昼山地、西に出羽山脈が走り、雄物(おもの)川とその支流が市内を流れる。JR秋田新幹線・奥羽本線・田沢湖線、秋田自動車道などが通じる交通の要衝。大曲や刈和野、神宮寺などの地区はかつて雄物川水運の河港として栄えた。古くから稲作が盛んで、その集積地として繁栄、近代的商業都市化が進む。畜産・酪農とダイコン・ハクサイ・葉タバコ・ダイズなどの栽培も行われる。峰吉(みねよし)川白菜が有名。酒造・醤油醸造や木工の地場産業がある。電機・窯業・製材などの工場が操業。市の南東部に古代の払田柵(ほったのさく)跡(国指定の史跡)があり、埋蔵文化財センターを設置。水(すい)神社の線刻千手観音等鏡像は県内唯一の国宝。池田氏庭園は国の名勝に指定。旧暦1月15日に行われる刈和野の大綱引きは国指定の重要無形民俗文化財。湯ノ神温泉・角間川温泉・岩倉温泉などの温泉が湧く。県立農業科学館サン・アグリンがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県大仙市の関連情報