秋田県山本郡三種町(読み)みたね〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕三種〈町〉(みたね〈ちょう〉)


秋田県北西部にある町。山本郡
2006年(平成18)3月、同郡の琴丘町、山本町、八竜町が合併して成立。八郎潟(はちろうがた)干拓地の北に位置し、西は日本海に面する。大潟村とは新生大橋で結ばれる。JR奥羽本線、秋田自動車道が通じる。あきたこまちの稲作のほか、肉牛飼育・養鶏などの畜産が盛ん。海岸沿いに発達した砂丘地では、メロン・スイカの栽培が盛ん。点在する湖沼で採れるジュンサイが特産品。森岳(もりたけ)温泉を中心に観光開発が進み、石倉山山麓にはゴルフ場やスキー場、キャンプ場などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android