秋田県山本郡八峰町(読み)はっぽう〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕八峰〈町〉(はっぽう〈ちょう〉)


秋田県の北西端、日本海に面する町。山本郡
2006年(平成18)3月、同郡の八森町、峰浜村が合併して成立。ユネスコの世界遺産に登録された白神(しらかみ)山地南部に位置し、JR五能線、国道101号が通じる。町域の大半を森林が占め、林業・稲作が盛ん。海岸部ではアムスメロンを産する。八森地区は秋田音頭の一節「秋田名物、八森ハタハタ」で知られる沿岸漁業が盛ん。岩館海岸は景勝地として知られる。南部にハーブ園やバンガローなど観光施設の集まったポンポコ山ふるさと公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android