コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県山本郡八峰町 はっぽう〈ちょう〉

1件 の用語解説(秋田県山本郡八峰町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕八峰〈町〉(はっぽう〈ちょう〉)


秋田県の北西端、日本海に面する町。山本郡
2006年(平成18)3月、同郡の八森町、峰浜村が合併して成立。ユネスコ世界遺産に登録された白神(しらかみ)山地の南部に位置し、JR五能線、国道101号が通じる。町域の大半を森林が占め、林業・稲作が盛ん。海岸部ではアムスメロンを産する。八森地区は秋田音頭の一節「秋田名物、八森ハタハタ」で知られる沿岸漁業が盛ん。岩館海岸は景勝地として知られる。南部にハーブ園やバンガローなど観光施設の集まったポンポコ山ふるさと公園がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県山本郡八峰町の関連情報