コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県横手市 よこて〈し〉

1件 の用語解説(秋田県横手市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕横手〈市〉(よこて〈し〉)


秋田県南東部の市。
横手盆地の中央に位置する。2005年(平成17)10月、旧・横手市と平鹿(ひらか)郡の増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村が合併して現在の姿となる。この合併により、平鹿郡は消滅。JRの奥羽本線・北上線、秋田自動車道が通じる。鎌倉時代末期以降、小野寺氏の城下町として発展。近世初頭、佐竹氏入国後は久保田(秋田)城の支城として城代がおかれ、農産物の集散地となり繁栄した。金沢地区に平安時代の後三年の役の合戦場、金沢の柵がある。綿織物、木工、清酒醸造の伝統工業に加え、輸送機器・金属・電機などの工場が進出。「あきたこまち」に代表される稲作のほか、リンゴ・ブドウ・スイカなどの果物栽培が盛ん。畜産・肉牛肥育も行われる。山内地区は山内杜氏で知られる。横手木綿、中山人形などの伝統工芸品がある。皆瀬川はハクチョウの飛来地として有名。真人(まと)公園は桜の名所。秋田県立近代美術館まんが美術館、この地域の伝統的な小正月行事かまくらを年間を通じて体験できる横手市ふれあいセンターかまくら館がある。南郷、上畑、雄物川などに温泉が湧く。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県横手市の関連情報