コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県由利本荘市 ゆりほんじょう〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕由利本荘〈市〉(ゆりほんじょう〈し〉)


秋田県南西部にある市。
南は山形県との県境に接し、西は日本海に臨む。2005年(平成17)3月、本荘市と由利郡の矢島町、岩城町、由利町、西目町、鳥海町、東由利町、大内町が合併して成立。南部に鳥海山、東部に出羽丘陵があり、中央を子吉川が流れる。市域の7割以上を山林が占める。JR羽越本線、由利高原鉄道の鳥海山ろく線、日本海東北自動車道が通じる。「あきたこまち」など銘柄米の稲作と、酪農・畜産のほか、レタス・キャベツなどの野菜の栽培、リンゴやブドウなどの果樹栽培も盛ん。林業ではブナ材を産し、清酒醸造の地場産業がある。電機・繊維・プラスチックなどの工場が進出。由利原高原では天然ガスと石油を産する。西目町や道川に漁港があり、カレイやアジ・クルマエビなどを水揚げする。江戸時代には、旧・本荘市地区は六郷氏2万石の城下町、亀田地織り木綿で知られる亀田地区は岩城氏2万石の陣屋町、八島町地区は生駒氏1万石の陣屋町としてそれぞれ栄えた。市内には往時の町並みが残る。土田家住宅は国の重要文化財に指定。本荘城跡の本荘公園はサクラの名所。鳥海山山腹は鳥海国定公園に属し、スキー場やキャンプ場などのレジャー施設が整う。湯ノ沢温泉・猿倉温泉が湧き、海岸部には本荘マリーナ、道川・西目などの海水浴場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

秋田県由利本荘市の関連キーワード秋田県由利本荘市出戸町赤沼下道秋田県由利本荘市鳥海町才ノ神秋田県由利本荘市鳥海町上笹子秋田県由利本荘市鳥海町上川内秋田県由利本荘市鳥海町下川内秋田県由利本荘市鳥海町下直根秋田県由利本荘市鳥海町伏見秋田県由利本荘市鳥海町小川秋田県由利本荘市鳥海町栗沢秋田県由利本荘市鳥海町猿倉秋田県由利本荘市二十六木秋田県由利本荘市谷山小路秋田県由利本荘市赤沼下道秋田県由利本荘市出戸上野秋田県由利本荘市西大鍬町秋田県由利本荘市赤沼町秋田県由利本荘市鳥田目秋田県由利本荘市油小路秋田県由利本荘市五十土秋田県由利本荘市出戸町

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田県由利本荘市の関連情報