コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県由利本荘市 ゆりほんじょう〈し〉

1件 の用語解説(秋田県由利本荘市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕由利本荘〈市〉(ゆりほんじょう〈し〉)


秋田県南西部にある市。
南は山形県との県境に接し、西は日本海に臨む。2005年(平成17)3月、本荘市と由利郡の矢島町、岩城町、由利町、西目町、鳥海町、東由利町、大内町が合併して成立。南部に鳥海山、東部に出羽丘陵があり、中央を子吉川が流れる。市域の7割以上を山林が占める。JR羽越本線、由利高原鉄道の鳥海山ろく線、日本海東北自動車道が通じる。「あきたこまち」など銘柄米の稲作と、酪農・畜産のほか、レタスキャベツなどの野菜の栽培、リンゴブドウなどの果樹栽培も盛ん。林業ではブナ材を産し、清酒醸造の地場産業がある。電機・繊維・プラスチックなどの工場が進出。由利原高原では天然ガスと石油を産する。西目町や道川に漁港があり、カレイやアジ・クルマエビなどを水揚げする。江戸時代には、旧・本荘市地区は六郷氏2万石の城下町亀田地織り木綿で知られる亀田地区は岩城氏2万石の陣屋町、八島町地区は生駒氏1万石の陣屋町としてそれぞれ栄えた。市内には往時の町並みが残る。土田家住宅は国の重要文化財に指定。本荘城跡の本荘公園サクラの名所。鳥海山山腹は鳥海国定公園に属し、スキー場やキャンプ場などのレジャー施設が整う。湯ノ沢温泉猿倉温泉が湧き、海岸部には本荘マリーナ、道川・西目などの海水浴場がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県由利本荘市の関連情報