秋田県男鹿市(読み)おが〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕男鹿〈市〉(おが〈し〉)


秋田県西部の市。
男鹿半島大半を占める。2005年(平成17)3月、旧・男鹿市と南秋田郡の若美町が合併して現在の姿となる。船川(ふながわ)港は第二次世界大戦前から製油所があった重要港湾。秋田湾新産業都市の一角を占め、木材コンビナートのほか電機・造船工場などがある。八郎潟西側には申川(さるかわ)油田・福川油田がある。船川には国家石油備蓄基地がある。稲作のほか、メロン・ナシ・ブドウなどの栽培が盛ん。国指定の重要無形民俗文化財男鹿のなまはげ行事が有名。入道崎・戸賀湾などの海岸部や寒風(かんぷう)山は男鹿国定公園に属する景勝地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田県男鹿市の関連情報