コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県男鹿市(読み)おが〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕男鹿〈市〉(おが〈し〉)


秋田県西部の市。
男鹿半島大半を占める。2005年(平成17)3月、旧・男鹿市と南秋田郡の若美町が合併して現在の姿となる。船川(ふながわ)港は第二次世界大戦前から製油所があった重要港湾。秋田湾新産業都市の一角を占め、木材コンビナートのほか電機・造船工場などがある。八郎潟西側には申川(さるかわ)油田・福川油田がある。船川には国家石油備蓄基地がある。稲作のほか、メロン・ナシ・ブドウなどの栽培が盛ん。国指定の重要無形民俗文化財男鹿のなまはげ行事が有名。入道崎・戸賀湾などの海岸部や寒風(かんぷう)山は男鹿国定公園に属する景勝地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田県男鹿市の関連情報