コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県能代市 のしろ〈し〉

1件 の用語解説(秋田県能代市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕能代〈市〉(のしろ〈し〉)


秋田県北西部の市。
能代平野一帯を占め、日本海に面する。2006年(平成18)3月、旧・能代市と山本郡の二ツ井町が合併して現在の姿となる。JR奥羽本線東能代駅から五能(ごのう)線が分岐し、秋田自動車道が通じる。古くから日本海交易の要衝で『日本書紀』の阿倍比羅夫(あべのひらふ)による蝦夷(えみし)経営に関する記事に「渟代(ぬしろ)」の名で登場する。江戸時代は北前船の寄港地、近代には秋田杉の一大集散地として発展。第二次世界大戦後、2度の大火に見舞われた。伝統的に製材業・木工業が盛んで、能代春慶(しゅんけい)塗の漆器が特産品。能代港南側の埋め立て地に火力発電所、浅内地区に風力発電所がある。農業は稲作が中心で、ネギ・ミョウガを特産。海岸線に日本最大規模の松林、風の松原が広がる。東雲(しののめ)台地に縄文時代前期の集落跡杉沢台遺跡(国指定の史跡)がある。きみまち坂公園は米代(よねしろ)川曲流部に面した景勝地で、サクラ・紅葉の名所として知られる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県能代市の関連情報