コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県鹿角市 かづの〈し〉

1件 の用語解説(秋田県鹿角市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕鹿角〈市〉(かづの〈し〉)


秋田県北東部の市。
米代川上流の花輪盆地を占める。藩政期には盛岡藩領で、尾去沢(おさりざわ)鉱山で産する銅はその重要財源だった。花輪・毛馬内(けまない)は代官所がおかれた在町。製材・木材・醸造などの地場産業に加え、鉱山の関連で金属・化学工業が発達。閉山した鉱山の跡地に電機工場などが進出した。古い鉱山施設は産業遺産として保存され、観光資源となっている。農業は稲作・畜産のほか鹿角リンゴ・トマト・キュウリの栽培が盛ん。十和田湖に近い北部には大湯温泉、八幡平の一角をなす南部には志張(しばり)温泉・後生掛(ごしょうがけ)温泉などからなる八幡平温泉郷や、湯瀬温泉が湧く。花輪スキー場が名高い。岩手県八幡平市との間を結ぶ八幡平アスピーテラインがある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県鹿角市の関連情報