コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県鹿角市 かづの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕鹿角〈市〉(かづの〈し〉)


秋田県北東部の市。
米代川上流の花輪盆地を占める。藩政期には盛岡藩領で、尾去沢(おさりざわ)鉱山で産する銅はその重要財源だった。花輪・毛馬内(けまない)は代官所がおかれた在町。製材・木材・醸造などの地場産業に加え、鉱山の関連で金属・化学工業が発達。閉山した鉱山の跡地に電機工場などが進出した。古い鉱山施設は産業遺産として保存され、観光資源となっている。農業は稲作・畜産のほか鹿角リンゴ・トマト・キュウリの栽培が盛ん。十和田湖に近い北部には大湯温泉、八幡平の一角をなす南部には志張(しばり)温泉・後生掛(ごしょうがけ)温泉などからなる八幡平温泉郷や、湯瀬温泉が湧く。花輪スキー場が名高い。岩手県八幡平市との間を結ぶ八幡平アスピーテラインがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

秋田県鹿角市の関連キーワード比内地鶏たまごあいすくりーむ秋田県鹿角市十和田毛馬内後生掛(大沼)キャンプ場秋田県鹿角市十和田瀬田石秋田県鹿角市十和田末広秋田県鹿角市十和田草木秋田県鹿角市十和田大湯大湯ストーンサークル館秋田県鹿角市十和田錦木秋田県鹿角市十和田岡田秋田県鹿角市十和田山根秋田県鹿角市十和田上向秋田八幡平スキー場秋田県鹿角市尾去沢秋田県鹿角市八幡平あきたおにしぼり鹿角市鉱山歴史館鹿角市先人顕彰館東北縦貫自動車道史跡 尾去沢鉱山

秋田県鹿角市の関連情報