コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦宗巳 はた そうは

美術人名辞典の解説

秦宗巳

安土桃山・江戸初期の医者。丹波生。父は善秀。通称は立庵、別号に徳名。吉田宗桂曲直瀬道三のもとで医術を学ぶ。はじめ豊臣秀次の侍医、のち徳川家康の侍医となった。主に鍼灸術を中心とした医療を行なった。著書に『素問註抄』『医者的要方』等。慶長12年(1607)歿、58才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android