コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦祖永

美術人名辞典の解説

秦祖永

清代後期の画家。江蘇省無錫の人。字は逸芬、号は楞煙外史。王時敏ら四王の画を学んで山水を能くする。また元末四大家の臨模など先人の画法を研究、『桐陰論画』『画学心印』などの画論書を著した。詩・古文辞に巧みで、書もよくした。光緒10年(1884)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android