コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦蔵六(?) はた ぞうろく

美術人名辞典の解説

秦蔵六(?)

金工家。京都生。二代蔵六の三男。初代は宮内省の命により御璽国璽を鋳作した金工の名門。代々研究されてきた蝋型鋳金による中国銅器写しの作風は他の追随を許さない。京都金工名誉会長。昭和7年(1932)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

秦蔵六(?)の関連キーワード岡崎 雪声

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android