秩父宮 雍仁(読み)チチブノミヤ ヤスヒト

20世紀日本人名事典の解説

秩父宮 雍仁
チチブノミヤ ヤスヒト

大正・昭和期の皇族,陸軍軍人 大正天皇第二皇男子。



生年
明治35(1902)年6月25日

没年
昭和28(1953)年1月4日

出生地
東京

学歴〔年〕
陸士(第34期)〔大正11年〕卒,陸大卒

経歴
御幼少時の称号淳宮(あつのみや)。大正11年秩父宮家を創立。14年オックスフォード大学にご留学。昭和3年9月28日松平恒雄長女・勢津子さまとご結婚。陸大ご卒業後、中隊長、大隊長、参謀本部付・南支派遣軍参謀などをつとめられた。12年天皇名代として、英国王ジョージ6世の戴冠式にご参列。15年大佐・参謀本部付の時、肺結核を発病、以後療養生活に入られる。またスポーツの宮様として親しまれ、日本陸上競技連盟、日本ラグビー協会などの総裁もつとめられた。著書に「御殿場清話」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

秩父宮 雍仁 (ちちぶのみや やすひと)

生年月日:1902年6月25日
大正時代;昭和時代の皇族
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秩父宮 雍仁の関連情報