コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父宮 雍仁 チチブノミヤ ヤスヒト

20世紀日本人名事典の解説

秩父宮 雍仁
チチブノミヤ ヤスヒト

大正・昭和期の皇族,陸軍軍人 大正天皇第二皇男子。



生年
明治35(1902)年6月25日

没年
昭和28(1953)年1月4日

出生地
東京

学歴〔年〕
陸士(第34期)〔大正11年〕卒,陸大卒

経歴
御幼少時の称号淳宮(あつのみや)。大正11年秩父宮家を創立。14年オックスフォード大学にご留学。昭和3年9月28日松平恒雄長女・勢津子さまとご結婚。陸大ご卒業後、中隊長、大隊長、参謀本部付・南支派遣軍参謀などをつとめられた。12年天皇名代として、英国王ジョージ6世の戴冠式にご参列。15年大佐・参謀本部付の時、肺結核を発病、以後療養生活に入られる。またスポーツの宮様として親しまれ、日本陸上競技連盟、日本ラグビー協会などの総裁もつとめられた。著書に「御殿場清話」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

秩父宮 雍仁 (ちちぶのみや やすひと)

生年月日:1902年6月25日
大正時代;昭和時代の皇族
1953年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

秩父宮 雍仁の関連キーワード秩父宮記念スポーツ博物館秩父宮ラグビー場秩父宮 勢津子秩父宮妃勢津子秩父宮勢津子松平 慶民松平 信子川村 ハル丸尾 錦作川村ハル秩父神社貞明皇后昭和時代弘田 長丸尾錦作大正天皇雍仁親王生年月日西田税皇室

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秩父宮 雍仁の関連情報