コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父漁業協同組合

1件 の用語解説(秩父漁業協同組合の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

秩父漁業協同組合

1950(昭和25)年に県の認可を受け発足した。玉淀ダム上流の荒川水系にある秩父市や長瀞、皆野、小鹿野、横瀬町の組合員でつくる。組合員の実数は約500人とされる。各地区の選挙で総代(定数112)を選び、組合員総会に代わる総代会を12月に開く。役員として理事19人、監事3人を置く。決算年度は毎年10月~翌年9月末。主な事業はアユやヤマメなどの放流やヤマメの養殖、秩父イワナの保護・増殖のほか、遊漁料徴収などをしている。09年度は遊漁料や漁業権行使による収入は約3400万円、養殖魚などの販売収入約3700万円。

(2009-12-15 朝日新聞 朝刊 埼玉西部 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父漁業協同組合の関連キーワード認可法人ナースバンク自由営業租鉱権国法銀行日本証券業協会漁業補償訴訟佐藤栄学園砂利採取法街金・闇金

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone