移す・遷す(読み)うつす

大辞林 第三版の解説

うつす【移す・遷す】

( 動五[四] )
物を動かして他の場所に置く。移動させる。 「机を書斎に-・す」 「水を桶に-・す」 「籍を-・す」 〔「都を-・す」は「遷す」とも書く〕
(「遷す」とも書く)組織内の人の配置・地位などを、他にかえる。 「営業係に-・す」
方向を他にかえる。 「目を海外に-・す」 「興味を-・す」 「心を-・す」
病気を他人に伝染させる。 「風邪を-・される」
時を過ごす。 「時を-・さず実行する」
色・香りを他の物にしみこませる。 「梅が香を袖に-・してとどめてば/古今 春上」 〔「移る」に対する他動詞〕
[可能] うつせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android