コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税務上の繰り延べ資産

1件 の用語解説(税務上の繰り延べ資産の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

税務上の繰り延べ資産

法人が支出する費用のうち、将来にわたって法人に利益をもたらす効果が1年以上に及ぶものについて、法人税法などでは繰り延べ資産と呼ぶ。公共的施設などの負担金や資産を賃借するための権利金などが該当する。

(2014-09-01 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税務上の繰り延べ資産の関連キーワードキャパシティ・コスト訴訟費用可変費用官費雑費市費私費自費社費後処理費用

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

税務上の繰り延べ資産の関連情報