稗搗き節(読み)ひえつきぶし

大辞林 第三版の解説

ひえつきぶし【稗搗き節】

宮崎県の民謡で、東臼杵郡椎葉村の仕事唄。ヒエの穂先を臼に入れ、手杵てきねで搗く時に唄われた。源流は江戸末期にはやった甚句の系譜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android