種・草(読み)くさ

大辞林 第三版の解説

くさ【種・草】

[2] ( 名 )
(「草」とも書く)何かを生ずる原因・材料。たね。多く「ぐさ」と濁り、複合語として用いる。 「質-」 「語り-」 「お笑い-」
種類。たぐい。 「唐土・高麗と尽したる舞ども-多かり/源氏 紅葉賀
( 接尾 )
助数詞。物の種類を数えるのに用いる。 「三-ある中に、梅花ははなやかに今めかしう/源氏 梅枝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android