コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種壺・種壷 たねつぼ

大辞林 第三版の解説

たねつぼ【種壺・種壷】

伊賀・信楽しがらき・備前・常滑とこなめなどの古窯で焼かれた無釉むゆうのまま焼き締められた陶器の壺。種子を貯蔵する壺と考えられたところからの名。古来茶人が花入れ・水指などに転用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

種壺・種壷の関連キーワード花入れ伊賀種子備前転用茶人水指

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android