種子島流(読み)たねがしまりゅう

大辞林 第三版の解説

たねがしまりゅう【種子島流】

砲術の一派。祖は種子島時尭の臣、笹川小四郎。主命により鉄砲・火薬の製法を学び、一派を成した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる