コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲室足穂 いなむら たりほ

美術人名辞典の解説

稲室足穂

幕末・明治歌人。大阪天王寺の人。名は足穂、通称は為次郎・幸助、糟谷(糟屋・柏谷)とも。村田春門の門。農業を営み、和歌を能くした。明治11年(1878)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android