コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生物怪録

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

稲生物怪録

江戸時代中期、三次藩士の息子で16歳になる稲生平太郎が主人公。30日間にわたり毎夜妖怪に襲われたがことごとく撃退し、最後は妖怪を支配する魔王まで退散させるという物語。日本の怪奇談の最高峰ともうたわれ、この物語を下敷きにしたコミックの出版で「もののけブーム」が起きた。2006年には、妖怪好きが集まる「世界妖怪会議」が三次市で開かれた。

(2010-02-26 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

稲生物怪録の関連キーワード山本五郎左衛門神野悪五郎

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲生物怪録の関連情報