コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生物怪録

1件 の用語解説(稲生物怪録の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

稲生物怪録

江戸時代中期、三次藩士の息子で16歳になる稲生平太郎が主人公。30日間にわたり毎夜、妖怪に襲われたがことごとく撃退し、最後は妖怪を支配する魔王まで退散させるという物語。日本の怪奇談の最高峰ともうたわれ、この物語を下敷きにしたコミックの出版で「もののけブーム」が起きた。2006年には、妖怪好きが集まる「世界妖怪会議」が三次市で開かれた

(2010-02-26 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲生物怪録の関連キーワード息子賢息のら息子弟息子浅野長経粟野信賢岡直友其音久保田豪秀玉田永教

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲生物怪録の関連情報