稲田 邦植(読み)イナダ クニタネ

20世紀日本人名事典の解説

稲田 邦植
イナダ クニタネ

明治期の北海道開拓者,男爵 旧徳島藩家老。



生年
安政2年11月18日(1855年)

没年
昭和6(1931)年5月26日

出生地
淡路国洲本城内(兵庫県)

別名
別名=稲田 九郎兵衛

経歴
慶応元年11歳で家督を相続。徳島藩家老で淡路洲本城城代だったが、明治元年戊辰戦争の際には東征大総督有栖川宮熾仁親王を守り、各地に転戦して功を立てた。3年稲田騒動(庚午事変)により開拓使を命ぜられ、北海道静内郡に移住して開拓事業に従事。10年西南戦争が起こると少尉として東京に駐兵。28年目名村の土地家屋を分家邦征に譲り、徳島県美馬郡猪尻に帰住。29年男爵を授けられ、大正9年隠居した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android