コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積永機(2) ほづみ えいき

1件 の用語解説(穂積永機(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積永機(2) ほづみ-えいき

1823-1904 江戸後期-明治時代の俳人。
文政6年10月10日生まれ。6代其角堂鼠肝の長男。俳諧(はいかい)を父にまなび,其角堂7代をつぐ。明治20年其角堂号を門弟田辺機一にゆずり,老鼠堂と号した。全国各地を行脚し,門人千余人をかぞえた。明治37年1月10日死去。82歳。江戸出身。名は善之。編著に「元禄明治枯尾花」「俳諧自在」など。
【格言など】煙消え灰消えて終(つひ)に何もなし(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

穂積永機(2)の関連キーワード間宮八十子上野華山近藤忠直酒井玄悦寒川雲晁昇斎一景関直吉遠山廬山星の屋輝雄蘭花亭香保留

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone