コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積永機(2) ほづみ えいき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積永機(2) ほづみ-えいき

1823-1904 江戸後期-明治時代の俳人。
文政6年10月10日生まれ。6代其角堂鼠肝の長男。俳諧(はいかい)を父にまなび,其角堂7代をつぐ。明治20年其角堂号を門弟田辺機一にゆずり,老鼠堂と号した。全国各地を行脚し,門人千余人をかぞえた。明治37年1月10日死去。82歳。江戸出身。名は善之。編著に「元禄明治枯尾花」「俳諧自在」など。
【格言など】煙消え灰消えて終(つひ)に何もなし(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

穂積永機(2)の関連キーワード日露戦争荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩解析変成作用熱雲