コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積丹半島海域公園地区 しゃこたんはんとうかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積丹半島海域公園地区
しゃこたんはんとうかいいきこうえんちく

北海道西部積丹町ニセコ積丹小樽海岸国定公園の海域。1972年積丹半島海中公園地区として指定。2009年法改正により,現名称に変更。面積約 0.29km2(3地区)。安山岩質の集塊岩海食崖が発達し,変化に富む海底地形を形成。亜寒帯に属する海域であるが,対馬暖流の影響を受けて温帯域の生物も多い。褐藻類の海藻林が生育し,ウミタナゴムツサンゴなどが見られる。(→海域公園地区

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android