コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積立グループ包括傷害保険

1件 の用語解説(積立グループ包括傷害保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

積立グループ包括傷害保険

日常生活における傷害に対し保険金を支払う積立型損害保険を指します。契約者は、企業、労働組合、特約店会等の団体とし、被保険者はその役職員や会員等のうち客観的基準により約定した一定範囲のもの全員とします。被保険者の記名を省略したり就業外の傷害に対する補償を就業中の傷害に対する補償よりも厚く設定することが可能です。保険期間は3年、4年、5年となっています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone