コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空き・明き あき

大辞林 第三版の解説

あき【空き・明き】

中に物が詰まっていないこと。余地があること。また、その場所。 「座席に-がある」 「行間の-が狭い」
地位・役職などに欠員があること。 「ポストに-ができる」
使用していないこと。また、そのもの。 「 -の部屋がある」 「 -の茶碗」
使う予定のない時間。ひま。 「次の授業までに二時間の-がある」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空き・明きの関連キーワード授業欠員

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android