コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空海(2) くうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空海(2) くうかい

?-? 室町-戦国時代の茶人。
足利将軍家の同朋衆(どうぼうしゅう)能阿弥(のうあみ)(1397-1471)の小姓をつとめ,茶の湯をまなぶ。のち堺にひきこもり,北向道陳(きたむき-どうちん)に東山流の茶の湯をつたえたといわれる。通称は島右京。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android