コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空港の経緯

1件 の用語解説(空港の経緯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

空港の経緯

92年、竹内藤男・前知事が、航空自衛隊百里基地に「民間機を入れたい」と発言したのがきっかけ。地元の小川町(当時)で、議論が本格化した。93年に町が県に共用化の可能性と周辺地域開発の調査を要求した。県は95年、(1)基地としての性格を損なわない(2)県民の航空需要に対応する県民空港、などを内容とした「百里飛行場民間共用化構想」を発表。96年、百里基地の民間共用化が盛り込まれた第7次空港整備五カ年計画が閣議決定された。00年7月、空港整備法施行令の一部改正で、百里飛行場が民間との共用飛行場として指定された。

(2007-08-28 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空港の経緯の関連キーワード航空自衛隊自衛隊航空総隊小美玉空自航空方面隊茨城空港航空自衛隊車力分屯基地航空自衛隊築城基地航空自衛隊百里基地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone