コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空港経営

1件 の用語解説(空港経営の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

空港経営

空港の収益は、航空会社が支払う着陸料、停留料など「運航関連」と、航空会社の施設使用料、事務所や飲食店、物販店の賃料など「ターミナルビル関連」の二つの柱がある。着陸料や停留料は国の算定基準をもとに空港管理者が独自に算定。ターミナルビルの施設使用料や賃料はビルを運営する第三セクターなどが個別の契約によって決めている。

(2009-03-12 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空港経営の関連キーワード共同運航便格安航空会社着陸料会社管理空港コードシェア空港改革負担と利益搭乗率保証セカンダリー空港新千歳空港の国際線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空港経営の関連情報