コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空華庵忍鎧 くうげあんにんがい

大辞林 第三版の解説

くうげあんにんがい【空華庵忍鎧】

1670~1752) 江戸中期の天台宗の僧。別号、恵南・忍鎧子。姓は菅原。香道(米川流)で著名。恵南流の祖。西本願寺一六世湛如と交流。著「十種香暗部山くらぶやま」「香道余談」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

空華庵忍鎧の関連キーワード天台宗別号香道

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android