コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空蝉・空蟬 うつせみ

大辞林 第三版の解説

うつせみ【空蝉・空蟬】

源氏物語の巻名。第三帖。
○ 源氏物語の作中人物。伊予介の後妻。継子ままこである紀伊守の邸で方違かたたがえに来た光源氏に身を許すが、その後は自省して源氏の愛を拒み続ける。夫の死後出家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空蝉・空蟬の関連キーワード源氏物語光源氏後妻

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android