空風・乾風(読み)からかぜ

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐かぜ【空風・乾風】

〘名〙 湿気や雨雪をともなわないで、激しく吹く風。からっかぜ。《季・冬》
※杜詩続翠抄(1439頃)一三「江辺や海辺は常にから風が吹て沙を吹起(たつ)

からっ‐かぜ【空風・乾風】

〘名〙 「からかぜ(空風)」の変化した語。《季・冬》
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉六「東京はからッ風(カゼ)で塵埃が酷いから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android