コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪川原発

1件 の用語解説(窪川原発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

窪川原発

1980年代、四国電力が窪川町(現・四万十町)に原発建設を計画。推進派・反対派で町が二分され、8年間にわたる争いになった。80年、当時の藤戸進町長が原発誘致を表明し、議会も立地調査を求める請願を採択。反対派は町長のリコールで対抗した(藤戸町長は出直し選で再選)。町は82年、原発への賛否を住民投票で決める全国初の条例を制定した。その後、チェルノブイリ原発事故や地元漁協の立地調査拒否で計画は行き詰まり、88年1月、藤戸町長は誘致断念を表明。同年、町議会が「論議終結宣言」を可決した。

(2014-03-10 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窪川原発の関連キーワード四国電力全国電力労働組合連合会中国電力四電工あぐり窪川鯉が窪高知県高岡郡四万十町窪川窪川〈町〉高知県高岡郡四万十町窪川中津川高知県高岡郡四万十町平串

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

窪川原発の関連情報