コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち入る・立入る たちいる

大辞林 第三版の解説

たちいる【立ち入る・立入る】

( 動五[四] )
ある場所の内部へはいる。 「無断で構内に-・ることを禁ず」 「東塔の南谷のある坊に-・りて出家入道して/保元
本来は関係のない事柄にかかわる。 「部外者が-・る問題ではない」 「 - ・ったことを伺いますが…」
(核心などに)深くはいりこむ。 「もう少し-・って言えば」
[可能] たちいれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android