立ち返る・立返る(読み)たちかえる

大辞林 第三版の解説

たちかえる【立ち返る・立返る】

( 動五[四] )
〔「たち」は接頭語〕
出発点に戻る。引き返す。 「基本に-・って練習する」 「原点に-・る」
繰り返す。 「親のをりより-・りつつ見し東路/更級」
年が改まる。新年になる。 「あらたまの年 -・るあしたより/拾遺
[可能] たちかえれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android