コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち酒・立酒 たちざけ

大辞林 第三版の解説

たちざけ【立ち酒・立酒】

立ったまま酒を飲むこと。また、その酒。
旅立ち、葬送・婚礼など、人が出発するときに飲む酒。 「今ぞ冥途の門出と、これを限りの-や/浄瑠璃・重井筒 」 → 御立ち酒

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

立ち酒・立酒の関連キーワード重井筒葬送

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android