コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち障る・立障る たちさわる

1件 の用語解説(立ち障る・立障るの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たちさわる【立ち障る・立障る】

( 動五[四] )
〔「たち」は接頭語〕
干渉する。立ち入る。 「死様が不審だて成るたけ-・らねえ方が穏便/良人の自白 尚江
じゃまになる。さまたげとなる。 「お言葉にあまえて猶々この辺へ-・り甚御遊山のさまたげに相成故/滑稽本・八笑人」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone