コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立て文・立文・竪文 たてぶみ

大辞林 第三版の解説

たてぶみ【立て文・立文・竪文】

折らずに全紙そのままを横長に用いて書いた書状。立て紙を用いて書いた書状。
書状を礼紙で包んだ上を別の紙で細長く包み、上下の余った部分を筋交いに折ったのち、さらに裏側へ折ったもの。ひねりぶみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立て文・立文・竪文の関連キーワード筋交い書状