コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立て籠める・立て篭める たてこめる

大辞林 第三版の解説

たてこめる【立て籠める・立て篭める】

( 動下一 ) [文] マ下二 たてこ・む
戸などをしめてとじこめる。 「 - ・めたるところの戸すなはちただ開きに開きぬ/竹取」
立ち込める 」に同じ。 「天井迄一面の湯気が-・める/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報