コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立て花・立花 たてはな

大辞林 第三版の解説

たてはな【立て花・立花】

神前・仏前に立てて供える花。
生け花の形式の一。南北朝時代に盆栽をもとに、唐物花瓶を使い捨てにする「ばさら」として成立。室町時代に会所飾りが形式化するにしたがい、表現法が形式化した。桃山時代には構成理論を確立し、七つ枝(真しん・副そえ・請うけ・真隠しんかくし(正真しようしん)・見越みこし・流枝ながし・前置まえおき)によって自然界の景色を表現するものとなった。元禄年間なかばに衰退。
「華」の字の称。「花」と区別していう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

立て花・立花の関連キーワード南北朝時代使い捨て桃山時代室町時代自然界生け花形式化ばさら神前仏前正真

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android