コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立て蔀・竪蔀 たてじとみ

大辞林 第三版の解説

たてじとみ【立て蔀・竪蔀】

寝殿造りで、庭先や出入り口に置き、目隠しとして用いる衝立型の蔀。普通の蔀が横長に用いられるのに対して縦長に立て並べて用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報