立原 道造(読み)タチハラ ミチゾウ

20世紀日本人名事典の解説

立原 道造
タチハラ ミチゾウ

昭和期の詩人



生年
大正3(1914)年7月30日

没年
昭和14(1939)年3月29日

出生地
東京市日本橋区橘町(現・東京都中央区)

学歴〔年〕
東京帝大建築学科〔昭和12年〕卒

主な受賞名〔年〕
中原中也賞(第1回)〔昭和14年〕

経歴
一高在学中から短歌や小説を書き、昭和7年から詩作をはじめ、手製の詩集「さふらん」を作った。9年東京帝大に入学し、同人雑誌「偽画」を創刊、小説「間奏曲」を発表。「四季」にも詩を発表し、10年「未青年」を創刊。12年卒業し、建築士として石本建築事務所に勤務、卒業設計は3年連続辰野金吾賞(銅賞)を受賞。第一詩集「萱草に寄す」を5月に刊行し、12月に「暁と夕の詩」を刊行。秋から体調をこわし、14年3月に死去。入院中第1回の中原中也賞を受けた。「立原道造全集」(全6巻 角川書店)がある。平成5年、11年未発表の原稿が発見された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

立原 道造 (たちはら みちぞう)

生年月日:1914年7月30日
昭和時代の詩人
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立原 道造の関連情報