コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立石輝石

美術人名辞典の解説

立石輝石

画家。明治9年(1876)名古屋生。名は秀、字は如晦、通称は新三郎、別号は五采堂主人。はじめ奥村石蘭の門に入り、のち幸之楳嶺・竹内栖鳳に師事する。大村西涯・結城素明と無声会に入り活躍。巽会評議員。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

立石輝石の関連キーワードおもなお雇い外国人リットン秋月の乱アトランタ・ブレーブスエジソン(アメリカの発明家)シカゴ・カブスシンシナティ・レッズスラブ音楽アブデュルハミト[2世]ロダン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone