コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立羽擬・擬蛺蝶 たてはもどき

大辞林 第三版の解説

たてはもどき【立羽擬・擬蛺蝶】

タテハチョウ科のチョウ。開張50ミリメートル 内外。はねは褐橙色で、前後翅に大きな眼状紋がある。季節によりはねの形や斑紋が異なる。五月中旬より年数回発生する。九州南部以南、熱帯・亜熱帯に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立羽擬・擬蛺蝶の関連キーワード亜熱帯眼状紋内外分布斑紋後翅はね橙色

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android