コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜化ノ滝 りゅうかのたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕竜化ノ滝(りゅうかのたき)


栃木県北部の那須塩原(なすしおばら)市、福渡(ふくわた)温泉と大網(おおあみ)温泉の中間で箒(ほうき)川に合流する支流にかかる。全長130mを3段に分かれて落下し、落差は50m。付近には布(ぬのの)滝・回顧(みかえりの)滝などがあり、塩原十名瀑(めいばく)とよばれる。滝見亭(たきみてい)から眺める景観は雄大。塩原温泉郷入り口近くに位置し、一帯はツツジ・紅葉の名所。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone