コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜宮造り りゅうぐうづくり

大辞林 第三版の解説

りゅうぐうづくり【竜宮造り】

社寺における楼門の造り方の一種。下部は漆喰しつくいで塗り固め、中央にアーチ型の通路をあけ、上部は木材で軒を組み、入母屋の屋根をのせる。木部を丹や群青ぐんじようなどで彩色し、異国趣味が強い。日光大猷院皇嘉門、長崎の崇福寺楼門が代表例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜宮造りの関連キーワード異国趣味入母屋社寺木部

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜宮造りの関連情報