コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜巻の強さ

1件 の用語解説(竜巻の強さの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

竜巻の強さ

実測が難しい竜巻などの風速を被害の状況から推定する藤田スケールが広く用いられている。故藤田哲也シカゴ名誉教授が1971年に考案し、0~5の6段階で評価する。アメリカでは改良して利用され、米国立気象局は今回の竜巻を20日夜時点で、壊滅的な被害が出るとされる「4」(風速毎秒75~89メートル)と評価。被害状況によっては最悪の「5」に格上げする可能性もある。

(2013-05-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜巻の強さの関連キーワード熱線風速計風速計ロビンソン風速計実測藤田スケール藤田スケール(トルネード)住宅被害の判定三つの竜巻県内の仏像の盗難被害の状況測風器

竜巻の強さの関連情報