コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜蔵 りゅうぞう

大辞林 第三版の解説

りゅうぞう【竜蔵】

中国、清代に刊行された大蔵経の一。清蔵。
〔歌舞伎俳優嵐竜蔵の紋が分銅であったことから〕 二朱銀の異称。南鐐なんりよう。 「御一人前-ずつとおめにかけるは/洒落本・船頭深話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜蔵の関連キーワードゲイ・リュサックの法則栃木県日光市御幸町嵐七五郎(3代)嵐七五郎(2代)朝日貝殻山貝塚隅田春妓女容性コロボックル光学機械工業遺物包含層大場 磐雄宇都宮士竜坪井正五郎前橋(市)波多野秀治御領貝塚4月4日異雪慶珠中山太郎中薗英助六物空満

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android